生活雑貨

BRITAの浄水ポットを買うとメリットだらけだった

購入までの流れ

家での水分摂取は、食事時:お茶、それ以外の時:水のように分けており、どちらも2Lペットボトルをスーパーで購入していました。

なので、指が千切れそうになりながら大量のペットボトルを持ち帰り、なくなればまた買い溜めして…という苦行を繰り返す日々。

どうにかしたいと思い、これ買いました。

BRITA  浄水ポット 1.0L

 

なんとなく色はライムにしましたが、他にもパープル、ピンク、ブルーがありどれもなかなか発色がいいです。

開けるとこんな感じ。好き。

このカートリッジが重要な役目を果たすみたいです。説明は出来ないので、下記公式サイトより。

BRITA独自のMAXTRA ろ過技術は、味を損なう水アカや塩素などの不純物を除去し、家庭の水道管内に含まれていることのある鉛や銅などの重金属もろ過するため、コーヒーや紅茶の豊かな香りを引き出すおいしい水が楽しめます。また、家電に水アカが付くのを効果的に防ぐというメリットもあります。

カートリッジだけの販売も。

使用する前にカートリッジを洗わなければいけないご様子。洗って浸しました。

装着。

上から水をいれると、濾過された水が下に溜まり、飲める状態になりました。

上のフタに付いているカートリッジの使用期限。こういう液晶とかに弱い。この機能で5割は購入意欲上がった。

良かったこと

  • 重いペットボトルを持ち帰らなくてよくなった
  • 水道水ぶち込むだけで、勝手に濾過されて良い水が飲める
  • あとどのくらい濾過できるのが視覚的にわかりやすい。「約○L濾過したら交換して下さい」とかだったら絶対数えたり取り替えるのがめんどくなって使わなくなったと思う。
  • 今後電池がなくなっても、カートリッジまとめ売りがamazonであるので購入すれば届けてくれる
  • 水が美味しい気がする(プラシーボ効果の可能性あり)

イマイチなこと

  • ポットの大きさに対して、飲料水量が少ない

これに関しては、上半分がカートリッジになるのでしょうがない。

  • 値段が高い(?)

僕は今までペットボトルを買ってきていたため感じませんが、人によっては「水を濾過するだけでこの値段!?」となるかもしれません。

結果

おすすめ。今後家でお茶を作るようになったりしたら、もひとつ大きいサイズ買うかもしれません。

関連記事はこちら