DIY

ディアウォールを使って洗濯機の上に棚を作ったった

経緯

うちのアパートは古いこともあってか、洗濯機廻りがまあまあ使いづらいです。

まず脱衣所・洗面所自体が長細くて狭い。

それまで着た物は、写真にあるカゴの中に入れるかカゴの近くに積み上げていく方式でしたが、彼女と一緒に住み始めてから「不衛生で見た目も悪い」とのお叱りを受けました。

市販の棚を購入してもよかったのですが、掃除のしやすさや、自分で高さ等を調整出来ることを考慮し、作ってやろうと判断しました。

作業経過

採寸・購入

まずは2点を採寸。

  • 床から天井までの高さ(支柱になる2×4材の高さとなるため正確に)
  • 設置するであろう棚の横幅

次にホームセンターにGO。

下の方に購入品書いたのでご参考に。

たいていのホームセンターだったら、木材カットのサービス(何十円とか)であると思うので、「カットも自分でしたい」という猛者以外はカットしてもらいましょう。

ディアウォールの公式には、

設置する場所の高さより45mm短くカットした木材を用意します。

とあるため、天井より45mm分短く2×4材をカットしてもらいました。これが後からまあまあやっかいなことになりました。

さて持ち帰っていよいよ作り始めます。

2×4材の塗装

壁の色が白なので、支柱の2×4材も白にします。

ブルーシートを敷いて外で。

こいつで。塗っていたら全然1本じゃ足りなくて、またホームセンターまで行って追加購入。

壁側になる側面はどうせ見えんだろと思い、塗りませんでした。塗装後は、冬なので2時間近く乾燥させてから家の中に持って入りました。

棚受けアームの取り付け

次に、支柱に板を設置するためのアームを取り付けます。

どの辺に板が来れば使いやすいか測っておいて、鉛筆で印を付けてから取り付けました。このアームは、ホームセンターで直感で選んだスチール製のシュッとしたやつ。

しかし、気を抜いて電動ドリルでやっていたらネジ穴をえぐってしまい、回すことが不可能に。

ネジに予備がなかったため絶望していましたが、google調べにより、まだ救いがあると。

ネジザウルス m2

こいつを購入。これほんとにやばいです。ネジを外側からガッと掴んで回したのですが、安定感がはんぱない。ネジザウルスのアゴ恐るべし。

一難ありましたが、無事工程終了。

板のサンディング

サンディング=研磨の作業。

先程塗装した2×4材は、特に触らないし目立たないからいいだろってことで省略しましたが、普通は塗装する前にします。

目的は2つ。

  • 処理してない木材は表面が凸凹なので、そのまま塗料を塗るとムラができたりしてキレイに仕上がらない。
  • よく触れるところなので、木のフシがあったり表面や側面がザラザラしていると腹が立つ。

さて、この黒板消しのようなサンドペーパーを使ってサンディングしていきましょう。

数字が大きい方が目が細かく、なめらかになります。

#80 → #120 → #240 の順で、

粗い目でごりごり研磨 → 細かい目で触りごこちよくさらさらにしました。

正直こうやって見てもわかりませんが、表面はなめらか、角も磨いてすべすべです。

木の破片がささったり、角に当たって痛い思いをするなどのストレスを回避しましょう。

板の防水処理

洗濯機上で使用するので、ある程度湿気や水に濡れることも考慮し、水や汚れに強くなるシリコンスプレーを使用。

2度塗りしました。それぞれ2時間程度乾燥。

設置

このディアウォールを使っていざ設置。

左がバネが入っている天井側のパーツ、右がカパッとはめるだけの床側のパーツ。

いざ、両方はめて設置!

天井側にバネが入っているので、やや押し付けてバネを縮ませながら、床側を滑り込ませましょう。

出来ましたが、なんかグラグラ。ちょっとねじったり押したらすぐ動く。

ここまで来て採寸ミスったかと思い、めのまえがまっくらになった!

google教授に教えを乞うと、けっこう同じ人がいるらしく、「公式では45mmカットだけど、実際は40mmカットくらいがちょうどいい」という意見がちらほら。

この情報はいつかまた作る時に役立てて、今は別のアイデアを、と思って出た苦肉の策。

ダンボールを切って、パーツの中に入れて厚底にする!

これ、大成功。ぴったりとハマって動かなくなりました。

そして、板をアームに取り付けてネジ止め。

完成

[colwrap] [col2][/col2] [col2]

[/col2] [/colwrap]

ビフォーアフター。

洗濯機のフタも開くし、上側の棚も女性も背が届くくらいの高さ。カン=ペキダ。

購入品

近所のホームセンターでほぼ揃えました。ネジザウルスは予定外の出費。

2×4材 2 1100円
集成材 2 2570円
ホワイト塗装ラッカー 2 396円
ブルーシート 1 225円
棚受けアーム 4 3700円
ディアウォール 2 2960円
ネジザウルス 1 2422円
              合計 13373円

結果

いいところ

  • 細かいサイズ感が調整できる。
  • やってる最中楽しい。
  • なんやかんや自分で作ったら愛着わく。

いまいちなところ

  • ミスったら材料買い直しになるので、終盤はかなりの緊張感。
  • 既製品買ってもあんまり値段変わらなかったかも。むしろ安かったかも。

 

トータルで見たら、作ってよかったです!!!!!!!!