取り回しのよさ抜群!アルマイト加工されたお鍋。

 

こいつのおかげで、鍋の回数が圧倒的に増えました。

今日紹介したいのは、アルマイト加工されたお鍋、いわゆるアルミ鍋です。以前ふらっと寄ったキッチン雑貨屋さんで見つけて、家に土鍋はあるのですがなにか惹かれるものがあり購入しました。

購入してから何度も家で鍋をしているのですが、これがなかなかによい。おすすめです。

アルマイト加工されたお鍋

はい、こちらがお鍋です。つるっとした感じ。打ち出し加工されており表面はうっすら凹凸があります。アルミ製なのでめっちゃ軽い。女性でも片手でらくらく持てると思います。

フチがせり出しているので、鍋具材をすくう時や麺類を取る時などでもこぼしにくいです。

ガス火専用は底が丸くなっていますが、これはガス・IH対応なので、底が平らな加工がされています。値段はほとんど変わらないので、生活スタイルに合わせてどうぞ。

ちなみにフタはありません。なぜなら、熱伝導が良すぎて鍋がすぐに沸き、必要ないからです。家族が多いと2回戦、3回戦と具材を入れてお鍋を沸かし直すことがあると思いますが、そういう場合にも重宝すると思います。

ごま坦々鍋。

鍋って後片付けがなかなかめんどくさいと思うのですが、これは洗うのも超絶楽。お湯で流した時点でもかなり取れますし、こびりつきもほぼなし。スポンジでさっと洗えばもうピカピカ。フタを洗う手間が省けるということも、自分にとってはかなりメリット。

土鍋は土鍋のよさがありますが、このアルミ鍋の魅力もまた良し。ぜひ試してみてください。

補足

この鍋の形状、うどんすき鍋というみたいです。うどんすきの説明は下記参照。

うどんすきは昭和のはじめに大阪で誕生した、出汁でうどんや野菜など具材を煮る料理です。

鍋焼きうどんと混同されがちですが、鍋焼きうどんは一人用の鍋で作る煮込みうどん。うどんすきは、小鉢にうどんを取り分けていただきます。作り方にも違いがあり、鍋焼きうどんはうどんと具材、出汁をいっしょに煮込みますが、うどんすきは出汁を煮立てたあとに具材を入れます。     引用:macaroni

使われる素材としてはアルミやステンレスが多く、浅型であることがうどんすき鍋の特徴です。それにより、食材が下に沈み込まず、綺麗に盛り付けることができます。熱伝導率の良い素材を使うことで、うどんがのびる前に他の食材に火を通すことができるというのもうどんすき鍋ならではの特徴となります。
また、うどんすき鍋は、各々がうどんを自分の器に取りながら食べるスタイルですので、どの位置からでもうどんを取りやすいように取っ手のないお皿のような形になっているものが主流となっています。    引用:LIMIA

関連記事はこちら