デジタル系ガジェット

BUFFALOのWi-Fiルーターを変更したら、回線速度が爆上がりしました

古いWi-Fiルーターをアップグレードしたら、なぜ俺はあんな無駄な時間を…ってくらい回線速度が変わりました。

ルーターの世代交代

僕が使用していたのは、2008年頃に購入した AirStation NFINITI(WHR-G300N)というモデル。発売当時はネット上でも評価の高い最新モデルでしたが、最近は遅延が目立つようになっていました。

原因としては下記3つ。

  • Wi-Fiにつなぐ機器が2つ(PC、スマホ)から4つ(左記 + PS4、amazonプライム)に増えた。
  • それぞれの機器が、当たり前のようにファイルサイズの重い動作を要求する。
  • モンスターハンターワールド

時は2018年。歳月は技術を格段に上昇させ続けているので、回線速度規格の進歩に伴いアプリやゲームの高容量化とは向き合わなければいけません。というわけで買いました。

混雑に強いWi-Fi。BUFFALOAirStation HighPower Giga(WXR-1751DHP2)です。ググりまくって、評価の高かったものを選びました。

中身はこんな。本体、アンテナ、電源アダプタ、有線ケーブル、縦置き用台。

なかなかかっこいい。

引き継ぎ手順

さてここからが問題。なぜWi-Fiルーターを9年も放っておいたかというと、ルーターの変更設定、それに伴う機器の再接続やキー番号の入力が億劫だったからです。しかし説明書を読むと、BUFFALO同士であれば超簡単な「無線引越し機能」というのが使えるらしい。

隣合わせに置き、いざ設定。

  1. 新ルーターの一番上のスイッチを「Auto」に切り替えて、コンセント入れる。
  2. 「POWER」「WIRELESS」「ROUTER」のランプが白く点灯したのを確認。
  3. AOSSボタンを10秒以上長押し。
  4. 旧ルーターのAOSSボタン長押し。
  5. 1~2分後、新ルーターのランプが全部白く点灯したら、AOSSボタンを約2秒押す。
  6. 「POWER」が点滅、「WIRELESS」「ROUTER」が点灯していたら引っ越し終了。
  7. 新旧ルーター、モデムの電源をすべて切る。
  8. 旧ルーターに接続されていたLANケーブルを、新ルーターに接続する。
  9. モデムの電源をON。
  10. 新ルーターの電源をON。
  11. 約2分後、すべてのランプが点灯(使用環境によって「INTERNET」「ROUTER」は消灯)。
  12. 終わり。

ゑ…無線引越しってこんなに簡単なの?こんな簡単なことを何年も面倒くさがってたの?という心境です。ここまで同封していたセットアップガイドを見ながらしましたが、10分かからず

実際、スマホやPS4などの接続機器のID設定をしなくてよいというのは心的負担が全然違います。

回線速度もかなり上昇しました。

before

after

総じて約2倍

ダウンロード:データを受信する速度。

アップロード:データを送信する速度。

アップグレードしたおかげで、自宅でのインターネット環境に関してはストレスなく出来ています。ネットやゲームをしている時、「なんか重いなー」と思う人は、ルーターの問題もあるかもしれません。ぜひご検討を。