カフェ

尾道に来たら、USHIO CHOCOLATL(ウシオチョコラトル)でチョコ飲んでチルしよう。

先日、尾道を訪れた際に、以前から行きたかったUSHIO CHOCOLATL(ウシオチョコラトル)に行ってきました。雰囲気といい商品といい、最高だったのでご紹介を。

材料へのこだわり。カカオ豆と砂糖のみ。

USHIO CHOCOLATLのチョコの大きな特徴はこれ。

一般的に市販されているチョコレートの原材料を見てみると、香料や甘味料など、様々な添加物が入っていると思います。それは風味の向上だったり、コストや手間の削減、賞味期限の確保など…いろいろ理由があります。

それらを排除し、自分たちで厳選した海外のカカオ豆と、砂糖のみでの勝負。どちらも現地交渉をして調達しているそうです。

シンプルだからこそ、素材の味が大事になってきます。農園さんが1番のアーティストだ。そう言いながら取り組んでいます。

ポリシーもかっこよすぎ。

尾道市向島の、けっこう山奥にあります。

場所は山道を登った先にあるのですが、途中道が細くなるので大きめの車の方はご注意を。

着きました。郷土文化保存伝習施設兼管理センター

その中にあります。めっちゃカタい名前の施設にチョコレート屋さんがあるという、このギャップがすごい。

2階に上がると、ハッピーな佇まいの一室があります。すでに行列。

この室内はゆったりとした時間が流れていました。各々のチルスタイルで楽しんでいます。標高もあるので、景観が最高すぎます。窓際の席は瀬戸内の街並みと海が一望できるため競争率も高く、他の席が空いていても窓際が空くまで待っている人もいました。

調理場。センスと悪ふざけが融合したような空間で、スタッフの方々が楽しんで働いている感が伝わります。

飾ってある六角形のおしゃれ物体は、すべてチョコレートなんです…!種類によって包装が1つ1つ違い、どれも飾りたくなるようなかわいさ & 美しさ。

チョコレートドリンクのお味は。

ドリンクメニューです。今回はホットチョコレートと冷やしチョコレートをチョイス。

左がホットチョコレート、右が冷やしチョコレートです。

1口飲んだだけで気付きます、「いつも飲んでるチョコ系ドリンクじゃない」と。深みが段違い。原材料がカカオ豆と砂糖だけなので、雑味がない分、直接味覚にチョコの深みを教えてくれます。甘すぎず、うますぎる。

チョコレート購入編

で、チョコも買ってしまいました。家で見ても、やっぱり包装かわいい。

お店で試食が出来たので、ある分を全種類食べて選びました。カカオ豆によって味が全然違って好みが分かれそうなので、全種類買う!っていう猛者以外は、試食しての購入を勧めたい。食感は2種類あって、smoothは滑らか、cranchはザラッガリッとした噛みごたえのあるものでした。今回はcranchの方を。

形状までおしゃれとは。

上にはUSHIO CHOCOLATLの頭文字、UC。

模様は、瀬戸内の波と太陽でしょうか。さわやかな気分にしてくれます。

味は、チョコレートドリンクよりもさらにガツンと深みが来ます。個人的には市販のチョコの甘ーい感じも好きですが、これは同じチョコ科でも全く違う生物として好きになりました。

ひたすら甘ーいチョコじゃないと無理!という人には厳しいかもしれませんが…

まとめ

これは、尾道に行くたびに行くことになりそうです…

尾道に来られた際には、少し足を伸ばしてぜひ立ち寄ってみてください!

店 名 USHIO CHOCOLATL
住 所 広島県尾道市向島町立花2200
T E L 0848-36-6408
営 業 時 間 9:00~17:00
定 休 日 火・水
駐 車 場
関連記事はこちら