日常

なりたかった大人になれなかった人へ。「海よりもまだ深く」【レビュー】

「海よりもまだ深く」は2016年に公開された、是枝監督の作品。現在Amazon Prime Videoで公開されている。

「なりたかった大人になれなかった人へ」

映画予告ムービーにあった一説だ。「こんなはずじゃなかった」という想いを抱えている主人公とそれを取り巻く大人たちのことであり、観ていた僕のことでもある。

この映画には、心躍る冒険も、背筋の凍るようなスリルも、大どんでん返しもない。ただ心にすっと入ってきて温かくしてくれる、そんな映画だった。

あらすじ

ざっくりとしたあらすじは以下公式より。

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

ギャガ株式会社(GAGA Corporation)/海よりもまだ深くより引用

主な人物像

主人公 良多(阿部寛)

バツイチ、ギャンブル好き(余裕で負け越しているタイプ)、見栄っ張り…という絵に描いたようなダメ男。でも、ダメなやつほどなぜか応援したくなる法則が発動する。ずるい。

阿部寛はどうしようもないけど憎めない奴という役柄がとてもはまる。最近「結婚できない男」を観直したので余計にそう思ったが、あの頃よりさらに円熟した演技力だった。

母 淑子(樹木希林)

いい母ちゃんでありばあちゃん。母親はいくつになっても母親。

また樹木希林の「温かくてちょっとユーモラスな母ちゃん役」かよとは思ったが、今作の母ちゃんはより日常に深く入り込んだ母ちゃんでとても良かった。なにげない日常を切り取ったような空気感、さすがすぎる。

元妻 響子(真木よう子)

良多の元妻であり、新しい恋人ができている。

真木よう子は「SP」の頃からのファンなのでこの配役にはにっこり。美人妻すぎる気もするが、気の強い役はやっぱり似合う。

息子 真悟(吉澤太陽)

良多と響子の息子。父親と遊んでいる最中にお金の心配をしたりと大人びた面も。野球を始めたばっかりということなので、小学校高学年くらいか。

子役としての演技力も高いのだろうが、これほどセリフや演出などで自然に魅せる是枝監督の表現力にびびった。

後輩 町田(池松壮亮)

探偵事務所の後輩であり相棒。義理堅い良き人物。

この映画の個人的MVP。池松壮亮と阿部寛の、ある程度気心の知れた先輩後輩で行われる小気味よい会話のキャッチボールやその雰囲気がたまらなく良かった。

感想

  • 父のような大人にはなりたくないと思い続けて家を出たが、悪いところはどんどん父に似てくる。
  • 俺は本気だしたらこんなもんじゃない説を、最後の自己防衛としていつまでも持っている。
  • 別れた妻の恋人が気になり尾行する。
  • けっこうギリギリ(アウト)なことをして小金を稼ぐ。しかしそれもギャンブルに消える。

良多のダメ男ぶりはきりがない。しかし男なら、良多の気持ちがわかる人は多いのではないだろうか。少し環境が違えば、自分も来ていたルートのような気がして、とても応援したくなる。

またこの映画には、共感できる部分が多くある。カルピスを薄めて凍らせていたり、息子・孫が帰ろうとすると祖母が死にそうな声を出したり。団地に住んでいた人ならさらに共感ネタが増えるだろう。この共感から、より映画を自分に近しいものとして観ることができた。

印象に残った場面をいくつか挙げたい。

良多と町田の掛け合い

町田:いいじゃないすかもう。再婚したら養育費払わなくていいんでしょ。

良多:そんなことしたら会えなくなるだろ、息子に。

町田:会いたくなったら向こうから来ますって。どんなに止められたって。

良多:行ったの。

町田:はい、20歳の時。

良多:そんなに待てないよ。

元妻を尾行する女々しい良多と、それについていく町田の会話。

この場面、小さいころ両親が離婚した自分自身にも重ねて観ていた。「そんなに待てないよ」のそんなに待てない感、今ならわかる。会ったからといってめちゃくちゃ会話が弾むわけじゃない。でも会い続けることで埋めていくしかない。その距離感のリアルさがこの会話から伝わった。

真悟の想い

宝くじ当たったらまた一緒に暮らせるかな

別れた両親への真悟の想いである。子どもの素直な気持ちをぶつけられた時、そこに大人の事情など挟む余地がない。真悟も良多と祖父のように、過去や失くなったものに幸せを追い求める節があると思う。真悟の買った宝くじが、どうか外れていてほしい。

淑子から良多への強烈パンチライン

なんで男は今を愛せないのかね。いつまでも失くしたもの追いかけたり、かなわない夢みたり。

幸せってのはね、何かをあきらめないと手にできないもんなのよ

線香のカスを片付けながら亡くなった父を想う良多へ、淑子から発せられた言葉。幸せの形が必ずしもそういうものだとは思わないが、良多が追い求めている幸せがそういう性質のものだったからこその言葉だったんだと思う。母強し。そして、息子に幸せになってほしいと思う母優し。

良多の想い

パパはまだなれてない。なれたかどうかは問題じゃないんだ。大切なのはそういう気持ちを持って生きてるかどうかってことなんだよ。

夜の公園で「パパはなりたいものになれた?」と聞く真悟に対しての良多の返答である。この言葉は、その決意すらも薄れていた自分自身に言い聞かせているように見えた。真悟もなんとなくそれをわかっているから、同じことを3回言う嘘くささを追求せず、ただ微笑んだのだろう。

たぶんこれから先も、良多が心を入れ替えて大きく人生を変えることはないだろう。でもこの夜のことや、淑子・響子・真悟と交わした言葉を時々思い出して、日々を生きる。それでいいのだと思う。

音楽

この映画の音楽・主題歌はハナレグミが担当している。劇中も気の抜けたような優しい音が包んでくれていた。途中の口笛のバックミュージックが好き。

そして、主題歌「深呼吸」は、この映画の最後にこそふさわしい曲だと思う。

夢見た未来ってどんなだっけな さよなら 昨日の僕よ

見上げた空に 飛行機雲 僕はどこへ帰ろうかな

エンドロールと同時に流れると、グッとくるものがある。apple musicにもあるので是非聞いてほしい。

また、YouTubeにて是枝監督が新たに撮り下ろした、町田役を演じた池松壮亮のサイドストーリーのMVが公開されている。映画を観終わった後に観るといっそう楽しめる。