うどん

身体に染みわたる出汁。坂出市「がもううどん」のかけうどんは至高。

かけうどんとは、茹でた麺に出汁をかけたうどんのことです。そのシンプルな構造ゆえに、ごまかしがきかず、そのお店の実力が試されるメニューです。

香川県には数多のうどん屋がありますが、今回はかけうどん部門において僕が一番好きなお店、がもううどんを紹介します。

かけうどん専門、がもううどん。

がもううどんは、坂出市を通る主要道路、国道11号線から少しはずれた場所にあります。

道が細いので大きい車の方は要注意。

駐車場は広大です。50台以上停められます。

何時に行っても並んでます。11時~13時のお昼時の時間帯は特に大行列。

回転は速いので気長に待ちましょう。

注文。ここでは、麺について選択します。

  1. 麺の量:小・大・特大(1・2・3玉)
  2. 温かい・冷たい

の2点。ここでは、どれを選択しても幸せになれます。個人的には「温かい」押しです。

そして麺を受け取ったら、次はたまご・天ぷらゾーン。

生たまご50円、それ以外の温泉たまご、天ぷら類は100円です。

おすすめは、ほんのり甘い「金時豆のかき揚げ」か、きつねうどんにグレードアップする「あげ」です。かき揚げは日によってない場合があります。

選んだらお会計です。おばちゃんがレジよりも早いスピードでお釣りをくれます。

さてここからは、かけ出汁投入です。

温かい・冷たいかけ出汁が選べるのですが、ここは迷わず、どんな季節であろうとも、温かいかけ出汁を選んでください。

どちらも食べてみたのですが、温かいかけ出汁の方が圧倒的に風味があります。

ちなみにかけ出汁投入もセルフです。温かいかけ出汁の場合は、横にあるお玉で鍋の出汁をすくって入れます。

冷たいかけ出汁は、蛇口をひねってそのまま器に入れます。

ねぎの投入、割り箸の確保も忘れないよう。

で、食べます。店内に8席ありますが、大概埋まっているので外で食べましょう。

みんな外で食べてます。外で食べることで、さらにうどんがおいしく感じるという感性のバグが起きます。

めちゃくちゃうまそう。

麺はやわらかいのにコシがあり、無限に食べれるのでは…と錯覚します。

そして出汁。このあまじょっぱい感覚、例えることも表現することもできません。濃すぎず、なのにしっかりとした風味。余裕で飲み干せます。

「金時豆のかき揚げ」は、ここ以外で見た事がないほどの希少さ。金時豆の甘みと、出汁を染み込ませたかき揚げがベストマッチします。

食べ終えた後は、中身が残っている場合は外のバケツ内に入れます。

その後、温かいかけ出汁があった、洗い場に置きます。水でさっと流しておきましょう。

最後は幸せな気分に包まれながら、帰りましょう。

店 名 がもううどん
住 所 香川県坂出市加茂町420-1
T E L 0877-48-0409
営 業 時 間 平日:8:30~14:00 土・祝:8:30~13:00(麺が無くなり次第終了)
定 休 日 日・月
駐 車 場